revolve+days

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Harvard GSD の修士設計 00:00
Harvard University Graduate School of Design 通称GSD
設計は卒業生John Andrewsだそう。 1972。
1作品目。36×36インチのドローイング9枚に、数種類の模型
プレゼンの終わり際だったので、正確に把握してないですが、おそらく建築学科棟の設計かと。
既存建築物との関係性も、模型で表してます。
2作品目。駅の設計。完成度は高い。BIGの上海万博のデンマークパヴィリオン系
Studio下から。
Studio上から。いい眺め。大学院の3学年が使うとのこと。
学食。UICにも作るべき。トシコ・モリさんがいた。
1階廊下。展示込み。

『UICって、フィクショナルで、かなり変わった事やってるよね!
ポートフォリオ見て、GSDじゃ、あり得ないって驚いたよ。』

と、rkwakaさんに2日前に言われ、

そうなのかと。

UICで、僕はアメリカ建築教育の流れを受けたと思っていましたが、
結構、主流から外れてる異端だった模様。(いや、うすうすは気づいてたけど)

それを確かめるべく、GSDへ。
丁度、修士設計の最終講評会。
講評者に、OMAの重松さんや、
UN StudioのBen van Berkel、
Neil Denariの名前も。

僕が着いたときは、ミシガン大のJohn McMorroughが講評中でした。
2週間前に僕のファイナルプレゼンにも来てたので、各地飛び回ってる様子。

今回は時間の限りもあったので、数点しか見れてませんが、
UICのようなパラノイア的な作品はなく、
そつの無い優等生的な作品の傾向が見て取れました。

正攻法で勝つ。
それを地で行く学校ですね。

UIC卒としては、変化球を磨こうと思います。 
| 突撃!隣の建築教育 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
バビューンの女神 00:00
自由の女神

昨日からNY。
2回目だから、感動はないよとか思ってたけれど、
SOHOに初めて行って惚れた。

ファッション、デザイン、家具、カフェの質が高い。
それが高密度。
ここに店を出そうと。これからの目標の1つにしました。

あと、朗報。

前学期の成績が出て、全クラス問題なかったので、
晴れて、修了と言えそうです。あとは、証書が来たら留学も一区切り。
証書はもう少しかかりそう。

バビューン!
 
| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
アメリカの首都 00:00
スミソニアン・アメリカ美術館中庭
うねうね綺麗

今日からワシントン2日間。
シカゴとは全く異なる街です。

『1776年の独立戦争時に、
アメリカ大陸軍を率いてイギリス軍との戦いを勝利へと導いた合衆国初代大統領、
ジョージ・ワシントンの名誉ある功績を称えて建造された、アメリカ合衆国大統領記念碑。』

ワシントン記念塔より、高い建築物を作れない規制があるらしく、
街の建築は13階ぐらいで揃ってます。
ゆえに、シカゴのように圧倒的な高層ビル群はなく、
歩道も広く、オープンカフェで憩う人々も多く、
まるでヨーロッパのような街並みと生活像があります。

ただ、空港が近すぎて、
飛行機がひっきり無しに飛ぶので、少し怖い。

ノーマンフォスター設計のスミソニアン・アメリカ美術館中庭。
周りの既存建築物との、新旧、軽重の対比が鮮やか。
手放しで賞賛。

 
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
廃墟と滝と国境と 00:00
ナイアガラの滝に向けてボート出発
しぶきまみれ
船上は、豪雨レベル

ナイアガラの滝。3枚目はこちらから。

NY州のバッファローという町の近くにあります。
ここの周辺は、滝のお陰で全ての生活が成立しているようなものです。
滝自体は、アメリカ側と、カナダ側の両方から見えますが、
カナダ側のが壮観な景色に恵まれています。
今回は、僕のVISAの関係で、アメリカ側。

多くの有名ホテル、カジノはカナダ側は集中し、
さながらテーマパークのような光景が広がっています。

一方、アメリカ側は、よく言えば、のどかな風景。
悪く言うと、カナダ側に負けたんだろうなという現状。

ショッピングモール、ホテル、ガソリンスタンドの廃墟が目立ち、
世界を取り巻く、都市間競争を濃縮したような状態です。
川を挟んで、他国という感覚のない日本人には、いい経験。

 
| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
卒業式関連もう1枚 00:00
壇上で、修士の証のフードをかけてもらってるところ

写真はありませんでしたが、
動画があったので、そこからキャプチャーして、こんなんです。

院生は一人ずつ名前を呼ばれ、壇上にあがり、
フードをかけてもらえます。

かけてくれてるのは、去年教えてもらったポール。
横にいるのが、おなじみ学科長ボブ・ソモル。

今日から、ナイアガラの滝を見に、バッファローに来てます。
その後、ワシントンDC→NY→ボストンで来週半ばにシカゴに戻ります。
| シカゴ 建築 留学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
<< | 2/60 | >>