revolve+days

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Harvard GSD の修士設計 00:00
Harvard University Graduate School of Design 通称GSD
設計は卒業生John Andrewsだそう。 1972。
1作品目。36×36インチのドローイング9枚に、数種類の模型
プレゼンの終わり際だったので、正確に把握してないですが、おそらく建築学科棟の設計かと。
既存建築物との関係性も、模型で表してます。
2作品目。駅の設計。完成度は高い。BIGの上海万博のデンマークパヴィリオン系
Studio下から。
Studio上から。いい眺め。大学院の3学年が使うとのこと。
学食。UICにも作るべき。トシコ・モリさんがいた。
1階廊下。展示込み。

『UICって、フィクショナルで、かなり変わった事やってるよね!
ポートフォリオ見て、GSDじゃ、あり得ないって驚いたよ。』

と、rkwakaさんに2日前に言われ、

そうなのかと。

UICで、僕はアメリカ建築教育の流れを受けたと思っていましたが、
結構、主流から外れてる異端だった模様。(いや、うすうすは気づいてたけど)

それを確かめるべく、GSDへ。
丁度、修士設計の最終講評会。
講評者に、OMAの重松さんや、
UN StudioのBen van Berkel、
Neil Denariの名前も。

僕が着いたときは、ミシガン大のJohn McMorroughが講評中でした。
2週間前に僕のファイナルプレゼンにも来てたので、各地飛び回ってる様子。

今回は時間の限りもあったので、数点しか見れてませんが、
UICのようなパラノイア的な作品はなく、
そつの無い優等生的な作品の傾向が見て取れました。

正攻法で勝つ。
それを地で行く学校ですね。

UIC卒としては、変化球を磨こうと思います。 
| 突撃!隣の建築教育 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








GSD気になりますね! 完成度は確かに高そうですけど、特別珍しい形態ではなさそうですね GSDは調査〜コンセプトまでもっていくのが堅いんですかね?
posted by casey | 2011/05/17 3:27 PM |
うん、変化球のが似合ってると思うよ^^建築の勉強するところは、さすがにデザイン性が高いのね〜、素敵な場所だわ。
posted by ISHIKAWA MIKI | 2011/05/18 12:07 AM |
TO  casey さん

SOMとかはGSD卒ばかりだそうですよ。
そういう事もあって、ホントに『ちゃんとした』建築を作るんだと思います。
駅の設計の方は、構造のスタディも数種類していて、コンセプト、工法を乖離させずに、建築として昇華させようとしてました。
まさしく、総合芸術としての建築をやっているのだなあと。

リサーチもしてるようでしたけど、
僕が見た数少ない作品では、
最終的には恣意的なデザインのジャンプがリサーチより勝っている気がしました。 
posted by ctaxis | 2011/05/18 7:58 AM |

TO  ISHIKAWA MIKI さん

学校によって色々だけどね。
キレイなところもあるし、創造の場だから工場みたいなところもある。
posted by ctaxis | 2011/05/18 8:00 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>