revolve+days

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
10 ARCHITECTS in USA (訂正あり) 00:00
アメリカの若手建築家紹介

日本じゃ、あまり聞かないけど、
アメリカじゃ結構有名っていう建築家を、ばばっと列挙しようかと。
独断と偏見ね。日本の人が聞いたことありそうな人は省いてあるので。あしからず。


LAの建築家グループ。ここは、US感ありつつ、なんだか日本好みされそうな気配ある。

シカゴの建築家。ジニー・ガングはアメリカの女性建築家としてはトップランナーかと。
高雄のコンペで、平田晃久さんと共にファイナリストに残り、3位だった建築家。

ハーヴァードでも教鞭を執る、マイケル・ミレデス。
MoMAとPS1が監修する若き建築家たちの登竜門
「Young Architects Program」の2009年の勝者。

2006年のYoung Architects Programで頭角を現した建築家。
LAが本拠地で、UCLAで教えてる模様。
個人的には、去年のキプニスStudioの中間発表で、
僕の描いた漫画を気に入ってくれた経緯があるので好印象。

日本のSANAAで働いた後に独立。
最近は、日本のメディアでも結構見かけてる気が。
作品は、SANAAの影響というより、なんだか世界中の建築家のスタイルが混ざった感じ。
オランダで学び、日本で働き、アメリカで独立してれば無理ないか。

プレゼンは全て漫画。ザ・ペーパーアーキテクト。
世界的にもあまり類を見ないタイプの建築家な気がします。
Jimenez Laiは2つのStudioを担当した僕の恩師。

最近知りましたが、作品見たら、あーこの人達がやったのかと。
MATTHIASは、OMAと、アイゼンマンと、ディラー+スコフィディオの事務所出身。
一部メディアでは、『ミニレム』と言われることもあるそう。今後注目ですね。

8.Philippe Rahm フィリップ・ラウム (訂正。この方はフランスがメインのようです)
気候系建築家。建築を温度差や、空気圧、湿度等で再構築しようとしている変わり種。
プリンストンで教鞭を執ってます。

追記) Twitterで@m_iwamotoさんにご指摘を頂き、再度調べたところ、
   アメリカの大学で教鞭を今までも多く執り、
   上記の通り、今はプリンストンで教えてますが、アメリカ在住ではない模様。

こちらも、名前の通り、気候系。上記のフィリップ・ラウムと同系統。
weathersのショーン・ラリーはUICで教鞭を捕り、現在のStudioの担当教授。

LAの建築家、Sci-arcで教えてます。
完璧なる独自の世界観を持ってますね。初期作品のが好きですが、
最近中国で、コンペを取った模様なので、完成が楽しみです。


他にも、ゲーリーの教え子のMichael Maltzanとか
MITの新学科長 Nader Tehraniとか
いますけど、彼らはもう若手ではないかと勝手に判断です 笑。
今回挙げた10名は、日本にいた時には、ほぼ聞かなかった方ばかり。

日本で有名で、僕も好きな青木淳さんや、乾久美子さん、平田晃久さん等は、
僕の周りでは、意外と知られてなかったりします。
一方、藤本壮介さん、石上純也さん、サポーズ等は有名になりつつある状況があり、
インターネットが行き届いた状況でも、
なんだか情報のムラがあるなといったのが正直なところ。

ゆえに、逆を考えたとき、日本にもアメリカの若手有望株、
日本にはいないタイプの建築家を紹介したいなという思いで、今回の企画を考えました。

ご意見、ご反応、よろしくお願いします。

世界が注目すべき20の若手建築家はこちらに特集が組まれてます。
日本からは、上で挙げたように、石上さんと藤本さんが挙げられてます。

 
| シカゴ 建築 留学 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








僕らはもう1セメあるよー。
今明日のプレゼンの用意ができました。

トムは前スタジオ、ジェイソンペインは今学期クラスをとりました。
トムは自分のデザインが強いけど、頭も良くてすごい先生でした。今も2つプロジェクトが進んでて忙しいようです。
逆にジェイソンは自分のデザインを新しい所から持ってこようとしてて今回のファイナルも彼の批評で終った感じでした。。僕らは牛の革から3Dオブジェクトを作る授業でした。
posted by おがわ | 2011/04/18 5:19 PM |
おがわくん

UICは、学科長のソモルがUCLAで教えてたことがああるから、
西海岸とは密月なんだよね。ゆえに、カブるよね 笑
トム・ウィスコムはこっち来てないけど、
結構、ニール・ディナーリは来てる。
ニールはソモルがUCLAから去ったことを嘆いてたと、
この前友人が言ってた。

ジェイソンStudioもトムStudioも気になるので、
是非、次会うとき見せてください。
posted by ctaxis | 2011/04/19 7:46 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>