revolve+days

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
UdK exhibition -Year End Show- 00:00
学祭?ではないけど展示会にお邪魔
いつも通り、気になった作品ををのせてきます。蘭系?スイスから来てる先生のStudioだそう。雰囲気で伝わる。多分、低学年の初期過程だと思われる。綺麗な木の模型。パラメトリック系も。机にわんさか同じ敷地みたいですねこれと、パントンみたいスタディ模型でしょうこれUIC ぽいです。結構好き。

一応、隣じゃないですが、『突撃!隣の建築教育』の3校目。
ベルリン芸術大学です。

ベルリン工科大学の敷地の一部に建つ国立大学。
ヨーロッパだと最大規模らしいです。
ベルリン工科大学にも建築学科はあるらしいですが、
教授と、学生の人数を比べると、圧倒的に小規模で、
親身になってくれると現役学生(元々ロシアの子らしい)が言ってました。

先生1人につき生徒は20人までだそう。
(日本の国立大はもっと少ない気が。)
UICも10人前後だけども。

学費無料らしいので、それを考えると半端なくいい環境だと思います。
教授陣も、スイス、スペイン、オランダ等EU各国から来てるらしいので、
各スタジオごとに特色が違うのが部外者の目から見ても瞭然。
でも空港から直行で来て、5時間教えてまた帰るとかもあるらしい。
週に1回、2週間に1回ぐらいのペースでのエスキスとか。
(Studioごと異なるとは思いますが。)

最後に、僕が言うのも変ですが、
作品見る限り、教育はしっかりしてると思います。
やっぱり芸術大学っていいなと痛感。
| 突撃!隣の建築教育 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>