revolve+days

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ファンズワース邸へ 00:00
いざ、ファンズワース邸へ
シカゴから1時間ちょっと。車ないと厳しい。
まず、visitor center

続きを読む >>
| シカゴ 建築 留学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
海外で建築を学ぶ方法 00:00


海外で建築を学んでみたい。
そう思い、情報をかき集めるも、
なかなか有益な情報を得られなかったり、
どこの国へ行こうかと迷ったり、
経験者の話を聞きたくても身近に経験者がいなかったり。

情報が得やすくなったと言われる今でも、
建築に絞った留学になると意外に情報が得にくかったりします。

微力でも、今行きたいと思っている人の背中を押すことが出来ればと思い、
今回、『海外で建築を学ぶ方法』の説明をする機会を設けようと思いました。

・イタリア 提携校留学
・アメリカ インターンシップ+現地校聴講生
・アメリカ 大学院留学
・イギリス ワーキングホリデー

という実体験を元に、
システム、メリット、デメリット、コスト、失敗談、
全部お話致します。

気軽にお越しください。
海外就労経験者、就学経験者の方、大歓迎です。
是非、情報共有の場をつくれればと思います。

------------------------------------------------------------------------

6月11日(土) 
19:00 ~ プレゼンテーション
20:30 ~ パーティ

参加される方は、各自飲み物持参でよろしくお願いします。
アルコール、ノンアルコール問いません。

場所 studio nagoya
名古屋市西区栄生1丁目31-10
名鉄栄生駅下車徒歩5分


お問い合わせ先 studionagoya@gmail.com
若しくは、Twitterで @ctaxis宛にメンションしてください。 
| シカゴ 建築 留学 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
卒業式関連もう1枚 00:00
壇上で、修士の証のフードをかけてもらってるところ

写真はありませんでしたが、
動画があったので、そこからキャプチャーして、こんなんです。

院生は一人ずつ名前を呼ばれ、壇上にあがり、
フードをかけてもらえます。

かけてくれてるのは、去年教えてもらったポール。
横にいるのが、おなじみ学科長ボブ・ソモル。

今日から、ナイアガラの滝を見に、バッファローに来てます。
その後、ワシントンDC→NY→ボストンで来週半ばにシカゴに戻ります。
| シカゴ 建築 留学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
アメリカの卒業式、想像以上だった 00:00
commencement!!
College of Architecture and art
着席(2列目の手前から5つ目のとこにいます)
起立 低身長
名古屋からやって来た家族とパチリ。ありがとう。


成績がまだ出てないのに、卒業式。
なにか問題があったらどうなんねん。とか思いながら出席。

アメリカの卒業式、魅せます。
超エンターテイメントで、見せ方うまいなあと感心。
このガウンには憧れてたので、正直に嬉しいです。

2週間後ぐらいに成績を待って、
確定したら、もう一度喜ぼうと思います。

ひとまず、学校のプログラムは全て終えました。
Master of Architecture (建築学修士)に、なる予定です。

ちなみに、日本の建築系大学院の多くは工学修士の建築専攻。


| シカゴ 建築 留学 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
4th yr undergrad final 2011 spring 00:00
 01
02
03
04_site_mode 現状のビルの形もビックリではある。
04_model_bridge レーザーカッター文化炸裂
04_rendering images 画質悪くて申し訳ないです
04_model_building

今日は、学部4年生のファイナル。
僕らと一緒に卒業予定の子達。

いくつかStudioがあるようで、
2箇所ほど見てきましたが、
1つは住宅を1セメスタかけてじっくり作るStudio。
もう1つは、UICの新しい建築学科棟の提案。

前者は、細かいとことまで詰めると思うので、それはそれでいい勉強。
後者は、規模が大きいけど、結構閉鎖的な課題。

ただ、ここのキャンパス自体、
ワルター・ネッチというSOMにいた超幾何学平面フェチな建築家が作ってるので、
相当ヘヴィなコンテクストを持ってます。
その過去との関係性と、今後の展望がどう語れるか。
あとまあ、空間的な面白さ、革新的な大学の建物のあり方を問えれば、及第点なんだろうと。

上に載せた04が、模型、レンダリング等のビジュアルの面では突出してました。
ただ、人の動きとが全然普通だし、提案自体はもっと展開できたはず。

現キャンパスに対して、モニュメンタルな構造物を作りたいという主張でしたが、
現キャンパスのレンガ、粗いコンクリートに対しての素材の選び方とかあまり対処されてない。
形態偏重な点は否めない。
モニュメントとか言うなら、仕上げも重要な要素かと。

とまあ、色々思うけど、
そう思ったりするのも、目に付く作品だからということ。
スルーされる作品が一番痛いなと、改めて考えさせられたわけです。

って、過去の自分の作品も穴だらけでありますです。
| シカゴ 建築 留学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
学部2年生のレベル 00:00
 2nd yr undergrad_final
work01
work02
work03

学部2年生の最終プレゼンテーション。
内容は知らないですけど、ほぼアート。

今週は、学部生の最終プレゼンテーションが毎日のようにあるので、
ちょいちょい覗きにいってるわけですが、
学年を聞くと驚きます。これが2年かと。
一昨日見た、3年生のスタジオ課題もかなりレベル高かった。

アメリカに来てから、学部生に圧倒されることがしばしばあります。(劣るとはカケラも思わんけどね)
日本だと、院生を圧倒させるような2,3年生などほぼ皆無でしょう。


学部ちゃん 『フォトショップで人ってどうやって切り抜くんですかー?』とか聞いてきて、

僕     『こうやって、こう。ここに影付けると立体感でるよ』とかいうと

学部ちゃん 『うわ。すっげえ!フォトショやばいっすね。また教えてください!』とか言うのが大半。

僕もそんな学部生でした。

表現力、総合力について言えば、こっちの学生は、相当早熟だと思います。
ここは見習うべきところ。

ただ、小さな模型とか細かいところの綺麗さとかは圧倒的に日本に分があります。

ある程度表現力を付けてくると、
無駄に自信持ってしまいがちですが、
建築の根幹はそこじゃないからね。
早熟が常にいいわけでは無いとは思う。
| シカゴ 建築 留学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
last lecture 00:00
デンマークの建築家、ジュリアン・デ・スメットのレクチャ。

UICで最後のレクチャでした。
コペンハーゲンでの仕事が多いため、
スライドを見ながら、去年の夏を思い出してました。

日本で学部生の頃、
よくHP見てたなあとか思いながら。
あの頃と比べると、考え方が少し変わったし、
思考の幅の広がったなと。

何より、未知の世界だった場所が既知になり、
理解不能と考えてたから遠かったということも分かった。

今後の財産でしょう。

あと2週間。
 
| シカゴ 建築 留学 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
10 ARCHITECTS in USA (訂正あり) 00:00
アメリカの若手建築家紹介

日本じゃ、あまり聞かないけど、
アメリカじゃ結構有名っていう建築家を、ばばっと列挙しようかと。
独断と偏見ね。日本の人が聞いたことありそうな人は省いてあるので。あしからず。


続きを読む >>
| シカゴ 建築 留学 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
3d punch 00:00
punch

ここで3Dバージョンがみれます。
パンチしてるドリーのHPです。
FUJIFILMのファインピクス3Dというカメラで撮影。
 
| シカゴ 建築 留学 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
ばぶるん 00:00
bubble balloon

チカバルーン。これね。(知らない方のブログですが)

小さいころ、よく遊びました。
今、空気膜を使ったアイデア(また夢見がち)でスタジオやってるので、
こんなん、あんで! って日本で購入。
多くが見たことないとのこと。
 

みんなキャッキャ言って遊んでました。
| シカゴ 建築 留学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
| 1/19 | >>