revolve+days

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
今日から働きます. it's time to work. 00:00
finally, I start to work from today.

今日から、やっと働きます。

留学の総括もしないままでしたが、
2週間前ぐらいから、東京に来て、新生活のセットアップをしてました。
アメリカ大都会のシカゴから、東京下町への移動です。

長い学生生活でしたが、やっと働きます。
7月からという、ちょっと変な時期ですが、
2011年、上半期を終え、これから下半期という、いい時期かなと思ってます。

震災を経て、来るべくだろう東海、関東の地震を考えると、
早く、一人前のアーキテクトになりたいとより強く思うわけです。

今日から、はじめの一歩を踏み出します。
2年前、UICの門をくぐったのとまた違う感覚。

このブログ、続けますんで、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------------

now I'm living in old town in Tokyo.
It's quite different from Chicago life.
After the earthquake and tsunami, I'm strongly thinking that I have to be a good architect. (generally speaking, next big earthquake will hit my home town area.)

anyway, I start to work from today.
this is the first step of my life as an architect.
I'll keep writing this blog about my Tokyo life in English.

check this out!! 
| けんちく | comments(3) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
SANAA EXHIBIITON @Copenhagen 00:00
SANAA EXHIBIITONDansk Arkitektur CenterRolex Learning Center, 21st Century Museum serpentine pavillionNew Museumproject01project02interior

金土日でコペンハーゲンへ。初北欧。

新しい意欲的な建築が多く、さながら現代建築の見本市。
ただ、経年変化を許容してる昔ながらの石ベースの建築と、
ここ数年で建てられた現代建築(素材はジェネリック)がどうこれから混ざり合うか。

今週はCopenhagen写真中心になりそうです。
BIGの建設中のプロジェクトにもお邪魔してきました。
コレはまた後日。
| けんちく | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
それが本当なら日本の学校はほぼ全滅となる 00:00


束の間を利用して、10+1のサイトを覗いてて、
おおおおお。と思ったので。

読んでた方は何を今さらでしょうが。
メモとして。
何を!と思った方はこちらで読んでくさい。

トム・メイン的にはSci-Arc、UCLA、The Bartlett、Columbia、AAが、
世界で最も創造的だそうで。
がんばれSci-Arcのオガワクン! 

まあ、日本はガラパゴス化したら、それはそれでアリだと思うし、
デザインなんて差異化が基本なんだからね。と楽観的に受け止めていますが。

それにしても、トム・メインかっこいい。落合さんの「みくびるな」級にかっこいい。
啖呵切れる人に憧れます。

| けんちく | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
華・獣・庭 00:00

18日 ぺちゃくちゃナイトNAGOYA へ

 

名古屋初のペチャクチャナイト。

20スライド、各20秒で各々何かしらを発表。

モデル風、デザイナー風、となんだか華やかな感じで、

200人くらい、集まったらしい。

いかにも「オレ、デザイナー!」な感じの人は気持ち悪いと実感。

 

19日 どうぶつクリニックの内覧会へ   

 

姉の知人が開院ということで、

ドライバーがてら訪問。

動物病院は面白い要素が多いんだろうけれど、

人目につくようなパッケージのデザインに終始な印象。

うーむ。

 

20日 庭造り要員として多治見へ

 

前の週にオープンハウスで訪れた多治見へ再び。

朝9時-19時まで、土掘ったり、たい肥まいたり、

木を植えたり、タイル埋めたり、、、

大変でしたが、完成を見ると「あー良かった」と。

この満足感は良い点ではあるんですが、

中毒性があるので、結構厄介。

 

今週は、恩師、後輩、先輩に会う予定。

部屋を片付けて、荷物まとめも。

| けんちく | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
Y-T-U 00:00

Y150はじまりの森 はろーもしもしよぼせよNISSAN Y150ドリームフロント コトバパーク このパビリオンだけ楽しい
大さん橋 閉門間際

横浜・東京・宇都宮
とまわってきました。

ダイアローグインザダーク(D.I.D)と、
移転したクウチャリズモが特に良かったです。

D.I.Dは、まじで未知との遭遇でした。
東京行くならTDLよりDIDですよ。
建築とかデザインやってる人は特に、
普段どれだけ視覚情報に頼っているか痛感します。
光のない世界。体験してみてください。

クウチャリズモでは、空間の許容力について、
自分の中でまとめるきっかけを得られました。
宇都宮行くなら是非。

詳しくは、またの機会に。

| けんちく | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
食材と建材 00:00

 
右2軒は建築家が設計した住宅。
左2軒はマーケットの波に乗って建てられた箱。(断定はできないけれど)

多治見、行ってきました。
服部事務所のオープンハウスに参加して、(一番右の家)
ギャルリ百草に寄って、
国宝永保寺を再訪。

簡潔に感想、全部◎

真面目な話。
建築家ってのは、料理人と非常に似た面を持っていると言われている。
素材を活かす決定権が完全に委ねられている点においては、
まさしくそうだと思う。

ここ数日、所用で中古住宅を見る機会に恵まれていて、
数軒、住宅を見せてもらっている。
よく不動産屋さんや持ち主は、
「いい建材使ってますよ」、「この家は素材にこだわっています」 などと言う。

ただ、そういう時に限って、家としては全く統一性がなく、良くない。
何も料理せずにそのままが美味しいよと言わんばかりに、
素材が素材のままで、料理として成り立ってないことが多い。
どれだけ高級魚でも鱗がそのままじゃ、台無しなのと同じだ。
素材へのこだわりは、調理法へには向かないことが少なくない。

逆に凄腕の料理人は、高級食材でなくても、
おいしい料理へと化けさせることができる。
無数の下準備が成せる技である。

僅かな間だったけれど、
凄腕料理人的建築家の元で、
下準備を垣間見れたことは本当に良かったと思う。

比較して初めて実感しました。

| けんちく | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
さんとも 00:00
 

バス往復4000円(名古屋-京都)は素晴らしい。

JR東海バスに感謝。


京都にて

 

12
9月からSci-arc(南カリフォルニア建築大)に行くオガワ君と合流して、

新風館、京都国際マンガミュージアム、

京都精華大学本館、京都造形芸術大学至誠館を見る。

2つリノベーション関連、下2つは建築家の建てた大学施設。

やっぱ、レム、ミースのIITに多少の未練。

 

17

中高時代からの友人、タナカに4年ぶりに再会。

昔から仲の良かった友達が、同じ道を歩んでいる。

未だに、実感がない。

近年、卒業設計の質の高さで群を抜いている京都大学。

やっぱり、大変そうだ。

 

22時半−帰宅

 

23時−FMから、旧友リュウイチの声が流れる。

 

古い友達、新しい友達、みんな頑張ってます。

 

画像 至誠館の学食?蛍光灯のレイアウトがいい。

| けんちく | comments(3) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
レイクハウス 02:00


未だ行ったことのない街、シカゴ。

それゆえ、シカゴが舞台になっている映画をいくつかチェック中。

勝手なイメージだけど、

シカゴのという所は医療と、建築が重要な要素なよう。

実際、UICもアメリカ合衆国内で最大級の医療学校という。

 

その特徴をそのまま主人公の職業に反映させたのか、

The Lake House」の主人公は建築家と医者。

 

建築物を多く映していて、

ライト・コルビュジェ・マイヤー等、聞きなれた名前がちょいちょい登場。

画像右の、レイクハウスを指して、

「ライトとコルビュジェの融合」だとか何とか言っていました。

落水荘的に水系の上に建ち、ピロティだからなのか?

深くは語らないので、全く理解できません。

ミース、ジョンソン等の名前が出た方が聞き流せた気がします。

 

シカゴの街を見るという目的には、非常に合った作品です。

邦題は、「イルマーレ」

 
| けんちく | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
勝者と証書 02:00


東海の建築家によるSD Review 2008入選作品展@愛知淑徳大
に行く。SDレビューは日本の建築界では有名なコンテスト。
若手の登竜門だのなんだのって言われてます。

ここに入選するのは結構名誉です。でも簡単じゃない。
今年は東海地区から3組入選。
去年、僕も先輩と組んで、提出したものの見事落選。
冷静になって図面を見返せば、穴だらけ。いい勉強でした。

展覧会場までオギチャンに案内してもらい、
しばし歓談。とんかつ食べて帰路。

その後、イリノイ大から、「ニュウガクマエニ、ショウメイショオクレ」と言われたので、
名城に行き、成績証明書、卒業証明書の再発行願いを出す。

出願の時に間違いなく送ったのだけれど、
アメリカ式杜撰な管理のせいか、送ってないことになっている様子。
残高証明と違い、すぐ手配できる書類なので、
今回は彼らの言うとおりにすることに。

設計課題の授業に顔をだしたら、マンガ読んでる子がいて、
母校ヤバイネと思い帰宅。

◇画像は吉村真基さんのフクシマモデル
 全然関係ないけど、再来週あたりに福島県行ってきます
 

| けんちく | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
OSU 02:00



何かと内装が話題のJIN's GLOBAL STANDARD
歩きながらの写メはブレブレ。

違和感とアジア感の充満する場所、大須。

久しく所用で、出かけました。

 

ひとりで歩くと、普段見ないところを見るわけです。

大須は、僕が幼稚園の頃から通った場所。

でも、今日初めて店舗業種の構成や、街の表情を観察したような気がします。

 

確か、昔先輩が言ってた。

シブヤとアキバを混ぜたような場所だと。

その表現が正しいのかどうか、そんなことはいい。

ただ、それぐらい変な場所で、混ざり方が尋常じゃないと感じた。

 

その異様さを、今まで疑問も抱かず、

大須という場所として認識していたことにも驚いた。

一番、名古屋っぽい場所かもしれない。

 

この異様な場所で、また異色のお店がJIN's GLOBAL STANDARDことメガネ屋さん。

何かと内装が注目され、外観はあまり騒がれていませんが、

なかなか外観もこの場所では毛色が違います。

 

何も変哲のない総ガラス張り。よくある外観です。

でも、このアーケードの通りには、他にそんな店舗はありません。

12階の状況がありのまま分かる店舗などないのです。

 

角地に建つという、特別な条件が前提にはありますが、

他の角地の店舗は、コッテコテの看板と、

それを覆いかぶせるように溢れだした商品の陳列。

まさしく大須の典型。

 

JIN's GLOBAL STANDARDは結果的に、

大須にない要素を持ち込んでくれています。

 

元々、新陳代謝のいい場所ですが、

この調子で、どんどん要素が増えていくと、

混沌とした状況に拍車がかかって面白くなりそうです。

安定感があってバランスがとれているという場所じゃないから、

思いっきり突っ走った方がいいと思う。

 

 

| けんちく | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ctaxis -
| 1/2 | >>